葬儀の流れ

このページでは小規模でも家族がきちんと見送ることができる家族葬、その代表的な流れを紹介します。

初めてでも不安にならないために知っておく家族葬の流れ

葬儀を執り行う側として何度も経験したことがある方は、そう多くはないでしょう。
ましてや近年広まってきている家族葬とはどんなものか、初めての場合は何かと不安になるもの。
そこで、ここでは葬儀社に家族葬を依頼した場合の流れの一例を紹介しておきます。

手配

小規模でも家族がきちんと見送ることができる家族葬、その代表的な流れを紹介

亡くなったら葬儀社に電話をします。
すると、病院もしくは亡くなった場所まで寝台車で迎えに来てくれます。
迎えまでの時間は30分から1時間といったところ。
実績のある葬儀社なら365日24時間、いつでも電話対応してくれます。
なお、事前にいろいろと確認しておきたい場合は、葬儀社に相談だけでもしておくといいでしょう。

お迎え

逝去後は24時間火葬してはならないと法律で定められているので、病院で亡くなった場合は自宅や専用施設に搬送しなくてはなりません。
安置場所に心当たりがない場合、葬儀社に相談すればきちんと対応してくれます。

安置

通夜までの時間、自宅以外で安置する場合は葬儀社に預けるか、付き添って安置するかなどを選択します。

納棺

基本的に家族が立ち会って納棺を行います。

通夜

葬儀場や斎場などに寝台車で搬送して、通夜を執り行います。

告別式

通夜の翌日、棺に花を納めて最後のお別れをします。

式中初七日

告別式に続いて初七日の法要も同日執り行います。
一般的な初七日と同様、僧侶による読経と家族での焼香となります。

出棺

火葬場の時間に遅れないように寝台車で搬送します。
喪主は寝台車で移動することになります。

火葬

火葬に要する時間は1時間程度。
収骨をしてひと通り葬儀は終了です。

精算

葬儀社の精算は終了後に現地で済ますのが一般的。
支払い方法は現金一括払いだけでなく、クレジットカードやローンなどに対応している業者もあるので、事前に確認しておきましょう。


このように、家族葬といっても葬儀全体の流れは一般的なものと基本的に変わりません。
参列者が家族だけなので、参列者への気遣いが不要といった点以外、特別なことはないでしょう。