家族葬とは?

別れを惜しみ、故人を見送るための大切な儀式である葬儀。

近年では、家族や近親者のみで行う「家族葬」と呼ばれる形式が、広く採用されています。

ごく限られた方のみで葬儀から火葬までを行うため「密葬」と同義に捉えられている方も少なくはありません。その大きな違いは、本葬をおこなうかどうか。別日に本葬を行う密葬に対し、家族葬は本葬を行うことはありません。

また、通夜を行わない「一日葬」や、通夜・告別式のない「火葬式(直葬)」など、その種類もさまざまあり、シンプルかつ遺族や故人の意思を尊重した葬儀を行うことが可能となっています。

家族葬をお考えの方もそうでない方も、この家族葬について正しい理解を深め、大切な方とのお別れの時間をゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

家族葬にオススメの方

家族葬はシンプルな葬儀であるため、以下のような方に向いているといえます。

1. 親戚が少なく、人付き合いも狭かった方
参列者の数が少ないと見込まれる場合には、近親者のみの家族葬が向いているといえるでしょう。故人がご高齢であればあるほど、周囲の方々も葬儀に足を運べない状況にあることが考えられます。

2. ゆっくりとした時間でお見送りをしたい方
葬儀への弔問客がいない家族葬は、参列者に気を配る必要がないため、ゆっくりと落ち着いて故人とのお別れができます。

3. 周囲に気兼ねなく、親しい人を中心にお葬式をしたい方
一般的な葬儀では、仕事関係やお付き合いが深くない方、疎遠となっている親族への気配りが必要となります。親族や気の知れた近親者のみで行うことで、故人に対する気持ちを共にすることができるのは、家族葬ならではです。

家族葬で後悔しないためには

日程調整や当日の時間の過ごし方、費用面や近親者のみという心理的な面など、家族葬には数多くのメリットがあります。

しかし「本来知らせるべき方に連絡ができずに後悔をした」といったケースもよく聞かれ、慎重に行っていく必要性があるといえます。

故人を知る親族・知人・友人であれば、最期のお別れをしたいと思う気持ちは、誰しもがあって当然のこと。

家族葬をとりおこなう際はその旨をもれなく伝え、家族葬に理解をしていただくことが、最低限のマナーとなります。

後悔なく故人を見送ることができるよう、家族葬と一般葬の違いやメリットとデメリットを十分に理解しましょう。

家族葬と一般葬の違い

一般葬は、宗教儀礼を中心とし、通夜・告別式~火葬までを行う標準的な葬儀となります。遠い親族や友人・知人、会社関係からご近所の方へのお知らせ、多くて数百人となる参列者の対応や会葬礼状の準備など、近親者のみで行う家族葬とは大きな違いがあります。

具体的にどういった違いあるのか、家族葬と一般葬を比較してみました。

  家族葬 一般葬
準備 基本的には周囲へのアナウンスはありません。近しい親族や友人・知人のみへお知らせする形となります。 故人と関わりのあったと思われる方への葬儀のお知らせをはじめ、指差し看板や忌紙、駐車場の準備などが必要となります。
お香典 近親者のみとなるため、お香典を辞退するケースが増えています。 お香典の風習は残っているため、一般的には受け取ります。お香典返しを考える必要があります。
参列者 参列者を呼ぶことはありません。後日、自宅へ招いて弔問とする形をとる方も多いようです。 故人と関わりのあった、親族が知らない方々も参列されます。参列された方々への会葬礼状も考える必要があります。
葬儀 自宅、式場にてとり行われます。 多くは式場となりますが、自宅でも可能となっています。
費用面 参列者への費用は軽減されますが、お香典がないためほぼ遺族の出費となります。 規模が大きくになるにつれ、祭壇や会場費用がかかります。

家族葬のメリット・デメリット

一般的な従来の葬儀とは異なる家族葬ですが、このような形を選択される方は非常に増えています。

その多くはメリットとデメリットを十分に理解し、納得した上で、故人との大切な別れの時間に家族葬を選んでいるのです。

「家族葬のほうが安い」「一般葬は大変そう」といった、安易なイメージだけで選ぶのではなく、いまいちどそのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

【メリット】

・大切な故人とのお別れの時間を、近親者のみでゆっくりと過ごすことができる。

・親族や近親者のみの規模の小さな葬儀となるため、予測される参列人数や葬儀日程の調整がつけやすい。

・故人との関係性が不明な参列者や、遠い親族などへの気配りが必要なく、心理的な負担を軽減できる。

【デメリット】

・葬儀後、自宅へ弔問される方への対応が必要となる。

・家族葬にする旨をしっかりと周囲に伝え、遠い親族や故人に関わりのあった方々に理解してもらう必要がある。

・香典収入はほぼないと考え、費用面においては支出のみを考えなければならない。

温かみのあるコンパクトな葬儀・家族葬とは

家族葬とは

近年の葬儀はコンパクト化する傾向があり、その代表格が家族葬です。

家族葬とは文字通り家族を中心にごく親しい友人などに参列者を絞って、儀礼的な弔問などをなくした葬儀を意味します。

葬儀としては従来と変わらず通夜~告別式~火葬という流れで行いますが、小規模となるため費用を抑えることができ、弔問客対応など遺族の負担も軽減されます。そのため、最後の時をゆっくりと過ごすことができるのです。

一般葬儀は全国平均で約200万円かかるという調査結果があり、その内訳は葬儀本体価格約126万円+寺院価格約51万円+飲食接待価格約45万円
これが家族葬になると葬儀本体価格50万円前後+寺院価格15万円前後合計65万~70万円程度での実施も可能となります。

なお、寺院手配とは僧侶へのお布施や戒名料、手配料などを含む金額で、菩提寺がない家族の場合、これらを手配してくれる葬儀社もあり、お布施や戒名料の相場感がわからない方でも心配ありません。

費用やプラン内容、口コミなどで比較する家族葬のおすすめ葬儀社>>

家族葬よりもシンプルな葬儀

また、家族葬をさらにコンパクトにした葬儀である、一日葬・火葬式もあります。
送られる人・送る人の望む形に合わせて葬儀を選ぶようにしてくださいね。

一日葬・火葬式とは

通夜を行わない葬儀、一日葬とは

一日葬とは文字通り、一日で終わる葬儀です。告別式と火葬のみで、通夜は行いません。

参列は、遺族と親族、ほかにはごく近しい友人など少人数です。
準備や段取りの慌ただしさがなく、葬儀前夜はゆっくりとお別れすることができます。

一日葬の葬儀本体費用は35万円から45万円前後、それに寺院費用が10万円前後、合計45万円~55万円ほどで実施ができます。

通夜も告別式もない葬儀、火葬式(直葬)とは

火葬式あるいは直葬と呼ばれる葬儀は、家族葬・一日葬よりもシンプルで、通夜・告別式ともに行いません。

儀式の段取りに追われることもなく、穏やかに故人を送ることができると思います。

葬儀場や祭壇などは不要なので、安価に済むのも大きな特徴。故人が高齢で参列者が少ないなどのケースをはじめ、本人が儀式を希望していなかった、経済的な事情など、近年ニーズが増えている形式です。

火葬料金なども含めて、費用は20万円から30万円が平均となります。